3月3日 MCFAJ第2戦で全開♪するも4月の第3戦は不完全燃焼( ;∀;)


GPクラスのライバルは、#72カワサキに乗る大塚忠和君と#1大内ケンヤ君。スタートから楽しくバトルした。

CL9806GPweb.JPG
#1大内ケンヤくん、#72大塚忠和くん、アウト側から#625はカミカゼより2歳先輩のレジェンド宮本英治さん。

CL9812GPweb.JPG

悩まされた手のシビレも最新医療のおかげで完全になくなり、快調に飛ばして2位/3位の総合2位獲得。

CL9710伊田web.JPG

CL9847伊田web.JPG

CL0047GPweb.JPG
今年は体調に不調が出ないよう願うばかり。秋へ向けてトレーニングしていきたい。

そして4月7日はMCFAJ第3戦、会場は2月の開幕に続いて再びモトクロスヴィレッジへ。

GPクラスには若いMFJライダーも参戦していて、彼らにどのくらいついていけるか(というか、ついてはいけないからどのくらいタイム差があるのか分析しつつ)、#7田渕くんとバトる。ヒート1は今いちサスセッティングが合わず、4位でゴ−ルした。

BB0363伊田web.JPG

BB0421伊田web.JPG

BB0401伊田web.JPG

昼休みの公式練習時、サスセッティングを変えると良くなったので、これでヒート2はもっと走れると安心したのもつかのま、ラインを外して横向きなった他ライダーに塞がれる形で接触転倒、その際に右腕を痛めてしまい、ヒート2はDNSとした。うーん残念。。。何があるかわからないのがレースであり公式練習ですね。

傷が癒えたら、春の良い季節にまた乗り込みます。

*第1戦・第2戦の模様は月刊ダートスポーツ5月号(3月24日発行)に掲載されました。


posted by Kamikaze130 at 16:13 | モトクロス

全日本オフヴィでジャパンVETブース開設

3月30〜31日は全日本モトクロス開幕のオフロードヴィレッジで、『ジャパンVET宣伝ブース』を開設しました。
今年のジャパンVETは5月26日、オフロードヴィレッジで開催です。30歳以上対象、ノービスから誰でも参加でき、同年代・同レベル同士で走って遊ぶオトナのMX祭りです。もちろんレースだけでなくバイク談義、情報交換満載で、同年代仲間も増えますよ。コースもマイルドになるので安心して参加ください。詳細は主催・運営の ウエストポイント公式サイト (westpoint.co.jp) で発信を待ちましょう。

IMG3945カミカゼweb.JPG
ブースには沢山の方に来て頂きました。久しぶりの方と近況やバイク談義で楽しかった。

IMG3941カミカゼweb.JPG
右端の方は、50年前のレース場でまだ10代だったカミカゼが「それはそれは怖かった!」と証言していました。すみませんそんなつもりはなかったんですが怖かったですか( ;∀;) きっとレースに必死だったのでしょう。

IMG3942カミカゼweb.JPG
ホンダの藤沢さんや無限OBの方達も寄ってくれました。

IMG3946カミカゼweb.JPG
懐かしいMTB時代の後輩達も。みんな立派な大人になって偉いね。

レースもなかなか面白く、9月にはまたオフヴィで開催されるし、シーズン展開が楽しみですね! 
posted by Kamikaze130 at 14:01 | モトクロス

2024ジャパンVETは5月26日開催

2024ジャパンVET(主催・運営:ウエストポイント)は5月26日開催!

会場については、3月30〜31日の全日本MX会場で出展される『ジャパンVETブース』にて明らかとなる模様です。

改めまして、これまでのジャパンVETご協賛各社様にお知らせです。昨年までカミカゼがお手伝いしていた協賛募集およびその他の準備活動は、今年から全面的にウエストポイントが執り行うこととなりました。お問合わせについては福本義久店長までお願いいたします。

エントラントの皆様は、ウエストポイントからの詳細発表を楽しみに待ちましょう!



posted by Kamikaze130 at 10:35 | モトクロス

フラットバレーOP2でシリーズ戦決定♪

長野県飯田市に誕生したオフロードコース『フラットバレーOP2』で、モトクロスとデンデューロのシリーズ戦が始まります。イベント名は『いわきゅうカップ』。カミカゼの仲間が造成して管理する、VETライダーにも楽しいコースです。

詳細はこちらから ↓↓

カミカゼもスケジュール合う時には参加予定です。

posted by Kamikaze130 at 09:17 | モトクロス

2月11日、MCFAJ開幕で全開♪ 右手手術より復活

1月4日に右手・手根管症候群の手術を受け、リハビリしていました。
1月下旬に試し乗りをして大丈夫と判断、2月11日のMCFAJクラブマンモトクロス開幕戦@モトクロスヴィレッジ に参加しました。

2月3日に父が亡くなり、8日に送ったカミカゼですが、喪に服しレースを控える考えはありません。元気で走るほうが父も喜んでくれると思います。

DL9620伊田web.JPG
  ↑ 朝の公式練習。やはりフリー走行とは違い気合が入る、レースの緊張感はいいね! マシンは『GASGASっぽくしてある』KTM 350SX-F(笑)。

この日は、MFJ選手権ライダーがシーズンイン前の実践ウォームアップで多数参加していて、カミカゼの子供どころか孫みたいな年齢のライダーと走る。これもMCFAJの特徴ですね。

DL9816GPSEヒート1web.JPG
 ↑ GPクラスヒート1、タイミング上手く合いスタートダッシュー!

DL9822GPSEヒート1web.JPG
 無事ホールショットからの全開開始。

DL9842GPSE伊田web.JPG
#3田渕タケシ君と楽しくバトり、

DL9875GPSE伊田web.JPG
#72大塚忠和くんとも楽しくバトり、

DL9868伊田web.JPG
ヒート1は、選手権ライダー當間弦樹(とうま・げんき)選手19歳、大塚忠和くん52歳、選手権ライダー木村優希選手13歳 に続く4位でフィニッシュ。右手の具合も問題なく、復活レースにしては上出来と思います。

DL0026GPSEヒート2web.JPG
ヒート2は黒ウェアに着替え、再びビシッとスタートダッシュして、

DL0064GPSE伊田web.JPG
13歳と楽しくバトり、最後は大塚忠和くん、大内ケンヤくんに続く3位フィニッシュで、総合3位獲得。

DL0117伊田web.JPG
まずは無事に走れてホッとした。表彰式に行ったら、誰も来ていなくて独りぼっち。絵にならんなー、3人でシャンパンファイトしようよー。

大会の模様は、月刊ダートスポーツ3月24日発行5月号にて掲載予定です。

posted by Kamikaze130 at 09:13 | モトクロス

父 一郎を送りました。

父の葬儀を家族葬で終えました。
1707394382933~2.jpg

父は53歳の時に脳梗塞で倒れて以来、癌など色々な病があり、最後は急性白血病の闘病のうえ2度目のコロナに罹ってしまい、95歳を生き抜きました。

DSC_0112~2.JPG
棺には、いつも父が応援してくれていたモトクロスの、グローブを入れました。俺はもっともっと走るよ、見守ってくれ!という気持ちを込めて。

DSC_0114~2.JPG
初めての喪主は緊張の連続
posted by Kamikaze130 at 11:54 | その他

1月15日、川越レジェンド新年会

2024年新年会第2弾は、福本さんウィリー松浦さん東福寺さん梶原さん達豪華キャストと川越ステーキハウスでフルコースディナーの宴。
モトクロスの話で始まりモトクロスの話で終わり、何歳になってもモトクロスなひとときでした。

IMG3937.JPG


IMG3917.JPG
posted by Kamikaze130 at 14:54 | モトクロス

チャンドラー佐藤夫妻と2024新年会

チャンドラー佐藤夫妻と新年会&チャンドラー67歳誕生会 @東川口の行きつけ中華『華苑』にて。
IMG3890チャンドラーかえんweb.JPG

アメリカVETモトクロス界でもすっかり有名&人気のチャンドラー佐藤くんは、2023ワールドVETでクラス優勝を果たしたので金メダルをかけて、参加賞のジョッキで乾杯した。
カミカゼも手の修理を終えたことだし、今年もお互い元気に走ろうね!

IMG3901チャンドラーかえんweb.JPG
↑ 熟練サスペンションチューナー『マーサス』、マジメにサスの話をするとカミカゼも大変勉強になります。

IMG3905ビールweb.JPG
ワールドVET参加賞ジョッキ。いかしてる。

IMG3896レバニラweb.JPG
IMG3895ぎょうざweb.JPG
東川口駅徒歩2分、美味な中華屋さん『華苑』、おすすめです。ランチセットも最高。


posted by Kamikaze130 at 13:12 | モトクロス

一将祭 で全開復活♪

12月10日、MX408で開催の『一将祭』に参加しました。
師走恒例、WESTWOOD MX 増田一将社長によるファン感謝祭で、モトクロスと大運動会を混ぜ合わせたエンジョイプログラムが人気です。日頃のミカゼのMX仲間も大挙参加していて楽しかったです。

DL8598idaweb.JPG
今回は『50歳以上対象フルサイズ』クラスで、大内ケンヤ選手や大塚忠和選手もいます。50代の彼らについていけるよう頑張って走りました。

あさイチに名物の『コース1周マラソン』でカラダを温め、午前のヒート1は3ラップのスプリントレース。
DL8709idaweb.JPG
DL8714idaweb.JPG
DL8717idaweb.JPG

#4大内ケンヤ君、#72大塚タダカズ君、#625宮本英治センパイ、#41パワーバンドの木村さん。

DL8600idaweb.JPG

DL8734idaweb.JPG
このあとタダカズ君に抜かれカミカゼ2位でゴ−ル。

午後のヒート2は8分プラス1周。
DL8888idaweb.JPG
DL8892idaweb.JPG
3番手で出ていき、

DL8903idaweb.JPG
2人の後ろで粘りながら走り、

DL8935idaweb.JPG
後方からもう一人の#625大友和則選手に追われるのをライン塞ぎながら粘り、走るうちに他のライダー達が次々に転倒してトップへ。

DL8912idaweb.JPG
そのままトップチェッカー、2位/1位で総合優勝することができました。

CL9313オーバー50idaweb.JPG
向かって左からパワーバンド木村さん、大塚タダカズ、カミカゼ、大友さん。

この日は眼の調子も良く、久しぶりに楽しくレースしました。
イベントの模様はダートスポーツ12月24日発行(2月号)に掲載されました。

今季レース予定は終了。このあと再度、手根管症候群(右手)の手術をして、来年に向けて取り組みます。

posted by Kamikaze130 at 15:25 | モトクロス

カワサキKX50周年パーティ

12月2日、KX50周年を祝う会に兵庫県明石市の『グリーンヒルホテル明石』へ行ってきました。

01CL9084集合web.JPG
  ↑↑ 50周年だけあってとても盛大な会でした。カワサキOB、ライダーOB、他関係者で80名ほど。

私はよく周囲から「ずっとホンダに乗っていたライダー」と思われがちですが、国際A級に上がってからの4年間はカワサキワークスライダーとして明石で頑張りました。ホンダに移ったのはそのあとです。

この日は、カワサキ時代にお世話になったエンジニアやメカニックの方々に会い、もちろん懐かしいライダー仲間にも会って、充実した会でした。若い頃の思い出にしみじみ浸りました。

CL8988idaweb.JPG
 ↑↑ ワークスライダー、チームグリーンライダー、テストライダーなど往年のライダー登壇。マイクを持って紹介役はカワサキOB安井隆志さん。モトクロスからロードレースに転向したライダーの顔ぶれも。

C9021idaweb.JPG
 ↑↑ ワ−クスライダーでトークタイム、左から立脇ミキオ君、岡部アツシ君、瀬戸康一君、カミカゼ、花田シゲキ君。事前の打ち合わせも何もなかったので何とかフリートークでつなぐ。会の実行委員として準備に奔走してくれたミッキーが眠たそう。

CL8940展示web.JPG
 ↑↑ 1985年岡部篤史ライドのチャンピオンマシンも展示されていた。

CL8946idaweb.JPG
 ↑↑ 大先輩の吉村太一さんにご挨拶。現在は全日本MXでカワサキサテライトチーム『マウンテンライダース』のビッグボスであらせられる。

CL9059idaweb.JPG
 ↑↑ お世話になったOBエンジニアの的野さんと森田さん。懐かしかった。

CL9093idaweb.JPG
 ↑↑ カミカゼのメカニックをしてくれた小松さんとも久々の再会。小松さんといえばメモリーグラス!解る人は解るね。

CL8990idaweb.JPG
 ↑↑ 後輩OBライダーの花田茂樹くんも福岡から参加。

CL9120idaweb.JPG
 ↑↑ ロードレースで活躍した塚本昭一君は、ロードへ行く前モトクロスだった。彼が着ているTシャツをぜひよく見てほしい。

CL9098idaweb.JPG
 ↑↑ 懐かしい〜。こういうお宝を沢山持っていて今回展示を担当したのがプロストックの貴島さんだ。

CL9109idaweb.JPG
 ↑↑ カワサキ4台が揃ってぶっ飛ばす素晴らしい写真、1979年、伊田、立脇君、野宮さん、福本さん。

CL9055idaweb.JPG
CL9056idaweb.JPG
 ↑↑ 一般募集でのカワサキファンの方も何人か見えていて、サインのリクエスト。

カワサキでの4年間は79年〜82年、とにかくモトクロスを走ることがひたすら楽しく嬉しく、レースはもちろんだがそれ以外も月曜から金曜まで朝から夕方までの厳しいマシンテストも嬉々として、結果半端ない走り込みができたことで成績も上がった。鍛えられた4年間でした。
お世話になった皆様、ありがとうございました。

パーティの模様は、
・WEBミスターバイク
・WEBバイクの窓口
・月刊ミスターバイクBG 2024年3月号
・月刊ダートスポーツ 2024年3月号
にアップ、掲載されました。

posted by Kamikaze130 at 14:39 | モトクロス

11月19日、新コース『フラットバレー2』誕生!

11月19日、長野県の新オフロードコース『フラットバレー2』オープニングライドで走ってきました。
ワールドVETをDNSで帰国以来、走れるかどうか少々不安だったものの、幸い目の調子も良くなってきているようで、楽しく走りました。

路面は私の好きなサンド質で土質が良く、アクセルを存分に開けて加速でき、450でもストレスなく走れるコースです。
全体にフラットな地形にあり、大きなジャンプはなく、走りながらコースの先のほうまでよく見えて、「この先どうなっているのかな?」と思うような場所はありません。小さいジャンプは、初心者なら1つずつ、中上級者なら2つ飛び越せるように作ってあり、コース幅も充分で、初心者から上級者まですべてのライダー向けです。大自然の中、周りの山々が美しく、キャンプも気持ちよさそうなので、ぜひ『キャンプ∔温泉∔モトクロス』で楽しみたいですね!


続きを読む
posted by Kamikaze130 at 16:50 | モトクロス

2023ワールドVET/全開はできなかったけれど

世界の中高年ライダーに向けたベテランモトクロスの祭典『2023ワールドVET(11月3日〜5日 グレンヘレン・レースウェイ)』へ、コロナ明け、久しぶりに遠征してきました。

すでに当ブログでもお知らせした通り、今回は目の不調により、残念ながらレースはDNSとしましたが、久々のカリフォルニアの空気、唯一無二のワールドVET会場の雰囲気に浸りつつ、各国各州からのVET仲間との再会を歓び合い、来年に向けコースやライバルの観察と分析にも励みました。

DL7809ジャパンweb.JPG
 ↑ チームJAPAN、左から 田渕武(+55エキスパート)、監督役にまわったカミカゼ、源治篤(+60エキスパート)、チャンドラー佐藤(+65インターミディ・+60インターミディのダブルエントリー)夫妻、初参加の井口充(+45ノービス)。全員マシンレンタル『STAPO』を利用。

IMG3878ジャパンweb.JPG
 ↑ レースウィーク木曜の練習日から各自セッティング&コース攻略に励んだ。

CL7784 +40pro web.JPG
 ↑ グレンヘレン名物 超バンク第1コーナー。以前とは大会レギュレーションが変わり、レースは土日で計3ヒートを走って総合順位が出る。土曜1ヒート+日曜2ヒートになるか、土曜2ヒート+日曜1ヒートになるかは、参戦クラスとレース順による。コロナ明けで増大するエントリーに、2列スタートや3列スタートも当たり前だったが、レースは混乱なくじゃんじゃん消化され、どんどん進む。

DL8022コースweb.JPG
 ↑ これもグレンヘレン名物、大坂上り、大坂落とし。コースは80歳代ライダーも走れるようなだらかにレイアウトされ、AMAナショナルのような険しいジャンプがない代わり、高低差はばっちりある。この写真、よく見るとコースアウトしたライダーが登っている。。。なかなかやるなぁ。

CL7692ディグラーフとweb.JPG
 ↑ 2歳年上のライバル、ピート・ディグラーフ夫妻(カナダ)と再会。カミカゼの目のことをとても心配してくれて残念がって、来年のバトルを約束した。ピートは+60エキスパートクラスでダグ・デュバックに続く2位獲得。

DL7684再会web.JPG
 ↑ 受付を済ませ歩いていると、地元ライダーのトッド(右から2人め。ユナイテッド航空のパイロットで日本にも仕事で飛んでいる)と再会。大きなアメリカンに挟まれ田渕くんが細く見える笑。

DL7701マグラとweb.JPG
 ↑ スーパースター、ジェレミー・マクグラスご本人と。+50プロクロスや2ストクラスを走っていて、まだまだ鮮やかに速かった。

チームジャパンはチャンドラー佐藤が+65インターミディクラス総合優勝を飾り、田渕くんが+55エキスパートクラス4位入賞の大健闘だった。源治くんも井口さんも頑張ってケガなく無事終了。

IMG3883ジャパンweb.JPG
 ↑ チームジャパン&サポート隊で記念写真。オツカレサマ!また来年だぁ!!

***************************

というわけで、ここからはレース会場以外のあれこれアップします。カリフォルニア滞在の様子や雰囲気も伝わるかな。

◆成田からロサンゼルスへ飛び、レンタカー2台で一路東へ向かった一行は、、、時差ボケ解消がレースのための第一課題だ。

IMG3780スタポweb.JPG
 ↑ エルシノアにあるマシンレンタル『STAPO』宅を訪ね、借りるマシンや練習日のための打ち合わせ。

IMG3795エルシノア湖web.JPG
 ↑ エルシノア湖畔を散策、ボーッとして和んだり。

IMG3835ルビドーweb.JPG
 ↑ ある日は『カミカゼお気に入り』のルビドー山へ登る。ここは地元民の憩いのウォーキングコースで、いくつも周回路がある。

IMG3841ルビドーweb.JPG
 ↑ 山頂には巨大な十字架があり、そこまで頑張って登る。片道40分くらいか。

IMG3845いだweb.JPG
 ↑ 高い。ちょっと怖い。が眺望は素晴らしい。

IMG3855ルビドーweb.JPG
 ↑ これは『友情の橋』というそうで、1932年ロサンゼルスオリンピックに出場した日本人選手の記念碑が掲げられていた。

他にもFOXレースウェイを見物したりチャパラルへ行ったり、満喫。

◆そんな中、下田丈選手に会って、少しだが話をすることができた。
ホンダワークスへ移籍して間もない時期で、夢と希望に満ちて輝くその姿に純粋に感動し、弁えある彼の言動にも感心した。とことん活躍して欲しいと願う。頑張れジョー選手! 先日のパリスーパークロスも総合優勝して調子も良さそうだ。

◆レースウィークは、グレンヘレンまでアクセスの良いキッチン付きのホテルに滞在した。外食はあまりにも高いので、スーパーで買い出しをして自炊が基本。

DSC0062ステーキweb.JPG
 ↑ ある日の夕食、メインにステーキ、日本から持参の器を使い調味料を振って電子レンジで美味しく仕上がる。プラス野菜サラダ、アスパラガスやムール貝や小エビなど、そして濃い目のビール、カリフォルニアワイン。

DSC0052シーフードweb.JPG
 ↑ またある日はSWAYという白身魚で。メインディッシュをポーク、チキンなどローテーションしながらインゲンやアスパラを付け合わせる。朝食は『白米・おかか・海苔・梅干し・味噌汁』の和食セット、またはオートミール∔味噌汁、ampmのホットドッグ、昼は自作のサンドイッチなど。

DSC0077ディナーweb.JPG
 ↑ レースを終えてロサンゼルスへ戻った最終夜は、町中華のテイクアウトとスーパーのデリチキンでカンパイ。源治くんとカミカゼは最後まで『スーパーで買える美味いビールの開拓』に余念がない。普段ほとんど飲まないという田渕くんは、今回の遠征ですでに3年分のお酒を飲んだらしい。明日のヒコーキで帰ります。

DSC0081参加賞web.JPG
 ↑ 突然のDNSという残念な結果に終わったが、カミカゼは諦めません。応援いただきました皆様には、ありがとうございました&DNS申し訳ありませんでした。来年へ向け、また挑戦の日々を送ります。

◆2023ワールドVETの模様は、
オンラインマガジン WebMr.Bike (ワールドVETレポート)
オンラインマガジン バイクの窓口 (ワールドVET紹介記事)
月刊ダートスポーツ12月24日発売2月号(レジェンドオブオフロード記事内)
で掲載されました。

◆後日記
帰国後もしばらく目の具合は不調だったが、11月19日、長野県『フラットバレー2』プレオープン日に久しぶりに乗ってみたところ、楽しく走ることができ、視界の改善を実感しました。このまま回復することを祈りつつ、今後も通院しながら各部故障を修理します。

posted by Kamikaze130 at 14:52 | モトクロス

2023ワールドVETは監督役で

ワールドVET遠征から無事帰国しました。
今回は誠に残念ながら、『視力・視界の不調』によりレースはDNSとしました。
以前より眼科・脳神経外科で経過観察中ですが、原因や詳しい治療法などまだ確立していない状況です。
今回は走らない代わりにチームジャパンの監督として、源治・田渕・井口・チャンドラー佐藤各ライダーのレースを見守りサポートする側に回りました。
そして来年のために、コース及びライバル達の観察・分析を存分におこなってきました。
応援頂いた皆様には誠に申し訳ない事でしたが、自身の修理修繕に務め、カミカゼはこれからも挑戦を続けます。
遠征の模様は写真と共に後日アップするのでお楽しみに!
posted by Kamikaze130 at 13:33 | モトクロス

10月8日、JNCC八犬伝で全開、砂に転倒&エンストの洗礼( ;∀;)

CL7113伊田web.JPG

ライド復活したし、ワールドVET遠征を前にサンドコースで練習だ!ということで、JNCC千葉大会 砂山で有名な『サンドバレー八犬伝』のFUN・SAクラス(100分・55歳以上セニアA)を走ってきました。久々のレース、それもエンデューロに緊張感♪

JNCC FUN-SAゼッケンなので#130ではなく#15、黒ベースに白文字の15番です。

DL7148伊田web.JPG
スタート前のひととき、セニアA仲間の神馬選手(ディフェンディングチャンプ)、小林選手(まちゃのパパ)と。

CL7139伊田web.JPG
SAは最前列からなので嬉しいが、FUNクラスは実に400台もいて、常時込み合いが予想され。。。

CL7159伊田web.JPG
AM9時12分スタート。前日コースウォークはしているが試走は無いので、慎重に様子を見ながら行く。

CL7220伊田web.JPG
1周約4キロ、早くも2周目からラップ大会に。FUNクラスはエンデューロ初心者も周回できるコース設定だが、少々の上り下りもあり、そしてサンドは難しい、とにかくせっせとラップ。

CL7252伊田web.JPG
下り坂の最後にあるショートカットでこのあと#1神馬さんに抜かれる(*‘∀‘)。

CL7197伊田web.JPG

CL7261伊田web.JPG
安全にパスしながらひた走る。実は、込み合う中でGASGASの450は取り回しが重く、何でもないところで順位を落としたり。

CL7259伊田web.JPG
序盤はクラストップを走ったものの、度重なるエンストと転倒に「ノービスみたいな走り」になってしまい、最後は何とかクラス3位でゴールした。ふー!疲れました!!

DL7171伊田web.JPG
DL7185伊田web.JPG
ゴール後すぐに表彰式があり、星野社長の計らいで壇上で挨拶させていただき、SAクラスで記念撮影。

CL7351伊田web.JPG
午後のCOMPクラススタ−ト前には、吉原トモさんと一緒にエントラントの皆さんに紹介していただきここでも挨拶。
レースクイーンは りるちゃん。

DL7189伊田web.JPG
何十年も前から色々ご縁のあるロッキースポーツ星野社長と。お互い頑張ってまいりましょう。ありがとうございました。

続きを読む
posted by Kamikaze130 at 16:30 | モトクロス

8月の手の手術から復活しました。

8月15日、手の指が痺れる『手根管症候群』を治療する手術(左手)を受けました。
日帰り手術で、局部麻酔で、ラクでした。手のひらの下の方を5センチほど切開したので傷が塞がるまで我慢して、
抜糸〜リハビリを経て、9月2日、しどきで様子見ながらの復活走行でした。おかげさまで指が痺れる感じはなく順調のようです。

経年劣化であちこち故障が出てきますが、放らず諦めず人間もメンテ修理します。最新医学はなかなかのものです。


posted by Kamikaze130 at 14:02 | モトクロス

5月28日、ジャパンVETで全開♪

天候にも恵まれ、30歳以上誰でも参加OKなベテランMXの祭典が、モトクロスヴィレッジで華々しく開催されました。

DM4645集合web.JPG

エントラントの平均年齢が年々上がってきている感があり、下の30歳は変わらないけれど最高齢はなんと90歳! 何歳になっても大好きバイクに乗っていたい『生涯バイク、生涯モトクロス』が浸透してきました。

CM5007いだweb.JPG
 ↑ 67歳のカミカゼは『レジェンド対象VET+60クラス』出場。今年もセコンドについてくれる『ドス・カラス似』。誰?

CM4792VETweb.JPG
CM4831いだweb.JPG
 ↑ ヒート1は順調に走ってクラストップチェッカー。

CM5022いだweb.JPG
 ↑ ヒート2はスタートダッシュしたものの第1コーナーイン側でミスってストップしてしまい、なななんと最後尾になってしまう。

CM5063いだweb.JPG
 ↑ オニのよーに追い上げまくり、最後はクラス4位フィニッシュ。VET+60クラス総合3位だった。
病気からの復帰2戦目、勝ち負けよりも楽しく無事走ることができたので結果オーライです。

DM4813ホーリー唐沢いだげんじweb.JPG
 ↑ ホーリーエクイップ様の全面協力で、唐沢さんの’80無限CRレプリカによるヴィンテージクラス参戦が実現。唐沢さんはVET+70とヴィンテージのダブルエントリーで完全優勝、美しい走りは健在で感動的だった。記念撮影は向かって左からホーリーエクイップの奥村さんとホンダツナギ堀口社長、唐沢さん、カミカゼ、北海道の源治君、カミカゼのセコンド・ドスカラス似(笑)のホリちゃん。

協賛各社の皆様、エントラントの皆様、運営の皆様、本当にありがとうございました。
カミカゼのパドックに訪れてくださった皆様もありがとうございました。

イベントの模様は月刊ダートスポーツ8月号(6月24発行)に掲載されました。
そういえばダートスポーツの編集長も当日エントリーで走ってましたね! 編集長には今回、VET記念Tシャツのデザインを担当いただきました。ありがとうございました。

posted by Kamikaze130 at 11:50 | モトクロス

5月21日、MCFAJ第4戦軽井沢でMXレース復帰♪

昨年、脊柱管狭窄症が重症化し脊椎を削る手術を受けて以降、慎重にリハビリライドを重ね、5月21日、MCFAJクラブマンモトクロス第4戦の軽井沢モーターパークで、MXレース復帰しました。
CM4508伊田web.JPG

練習ライドはしていたものの、レースとなるとやはりチカラが入るもので、体力持久力などまだまだ不足気味です。
が、大内ケンヤ君と楽しくバトったりしながら(途中からぶっちぎられながら)、久しぶりのレースを無事完走で終えました。

CM4339伊田web.JPG
 ↑ 朝のミーティングで皆さんに「帰ってまいりました」の挨拶。

CM4444伊田web.JPG
 ↑ GP・SEクラス、素早くステップに両足を乗せリアグリップを効かせて加速体制。右の#193は川島雄一郎くん、だが彼にしては珍しくクラッシュDNFで残念。

CM4466伊田web.JPG
 ↑ SEライダーにあおられながら走る。途中から手がしびれたりして疲労が早い。。。まだ病み上がり走行かも。

CM4503伊田web.JPG
CM4572伊田web.JPG
 ↑ それでもヒート2は少しペースを上げることができた。モトクロスは楽しい!!

CM4614伊田web.JPG
 ↑ 総合2位、表彰式でケンヤ君と。この日は同じクラスの西くんもケガしてしまって残念。
賞品はレタス・サニーレタス・グリーンリーフレタスの詰め合わせをいただきました。

そして翌日は素晴らしい筋肉痛だったが、楽しかった、これからも走り続けたい!!!

posted by Kamikaze130 at 13:34 | モトクロス

ジャパンVET(今年はモトヴィ!)エントリー受付中!

5月28日(日)モトクロスヴィレッジ
30歳以上対象、年齢別×技量別のクラスで走って遊ぶ、オトナの祭典。

ジャパンVETのエントリー受付は主催・運営のウエストポイントでおこなっています。
リンクしてご覧ください! ↑↑↑

事前エントリー締切は5月21日(日)。それ以降当日までは別途レイトフィーがかかります。

★5月13日〜14日の全日本MX関東大会(オフロードヴィレッジ)で開設する『ジャパンVETブース』にて、ジャパンVETエントリー受付をおこないます、赤い『KAMIKAZE130テント』が目印です、ぜひご利用ください。

2023ジャパンVETロゴ.JPG
何歳になってもトシ相応に、趣味の生涯モトクロスを楽しみましょう!

posted by Kamikaze130 at 13:30 | モトクロス

2023ジャパンVET 協賛各社が確定しました。

2023ジャパンVET 5月28日 モトクロスヴィレッジ(●主催運営:ウエストポイント / ●スーパーバイザー(お手伝い)カミカゼスポーツ )に協賛くださる各社様が確定いたしました。

★松建様・美on様・ステージング様・ラフアンドロードスポーツ様・WESTWOOD MX様・テクニカルスチール様・ミゾエメタル様・ホーリーエクイップ様・モトパーク森様・日本ユニバイト様・レーシングチーム ハニービー様・デルタオートモーティブ様・KISVIN様・SHOEI様・モトライフ様・陽和組様・美蔵様・ウインズアサノ様・武蔵重量様・零8様・トモレーシングサービス様・オールドソルト様(順不同)★
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

posted by Kamikaze130 at 16:41 | モトクロス

【ジャパンVET 協賛募集 最終ご案内】

【ジャパンVET 協賛募集 最終ご案内】

記念Tシャツ製作の都合上、今年は募集締め切りが4月15日に早まりました。ご検討中の皆様は ぜひよろしくお願い申し上げます。

★本日時点の協賛確定企業様★・ステージング様・ラフアンドロードスポーツ様・WESTWOODMX様・テクニカルスチール様・ミゾエメタル様・ホーリーエクイップ様・モトパーク森様・ユニルオパール様・ハニービーレーシング様・デルタオートモーティブ様・KISVIN様・SHOEI様・モトライフ様・陽和組様・美蔵様・ウインズアサノ様・武蔵重量様・零8様・トモレーシングサービス様(順不同)
******

【協賛募集案内】

■A協賛/記念Tシャツ ご協賛 1口につき 10.000円。 販売用オリジナル記念Tシャツ『第16回ジャパンVET・T』に、御社ロゴマークをプリントいたします。ロゴ前回流用の場合はその旨を、新規ロゴはロゴ(イラストレーターデータ)をご手配頂き、4月15日(土)迄にご連絡ください。
●協賛金のお振込先/青木信用金庫 北支店 普通口座 3152353 カミカゼスポーツ
 
■B協賛/賞品協賛 (内容・数については御社でご決定いただき、カミカゼスポーツ【〒333-0844川口市上青木5-10-11】迄ご送付ください。チラシやリーフレット等の当日配布も可能です。
◆A協賛、B協賛いずれも、当日は無料にてブース(展示・販売)出展いただけます。ご出展に際してはメインパドックにブーススペースを確保します、事前にご連絡ください。

【お申込・お問合せ】カミカゼスポーツTEL.090-3698-3558(伊田)・090-3681-9418(高橋) または ウェストポイントTEL.049-246-4141福本店長宛 まで お気軽にご連絡ください。
******
【開催要項】
『2023ジャパン・ベテランズ・モトクロス・チャンピオンシップス』(通称ジャパンVET)
●開催日:2023年5月28日(日)
●会場:埼玉県モトウロスヴィレッジ
●主催・運営:ウェストポイント  ●事務局:ウェストポイントクラブハウス(TEL.049-226-4141)
●スーパーバイザー(お手伝い):カミカゼスポーツ 伊田井佐夫(TEL.048-269-3389)

30歳以上アマチュアライダー・サンデーライダー対象 中高年向け、参加型の和気あいあいなイベントです。
協賛各社名はプログラム・雑誌・web関連サイト等に掲載、会場でアナウンスいたします。ぜひともご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
【開催の主旨】何歳になっても年齢相応に、永く楽しむモトクロスの普及。生涯の趣味としてのモトクロス文化が日本にも深く根付いて欲しい。参加条件は『30歳以上』のみ、年齢別・技量別のクラス分けで、初心者から同年代の同レベル同士で走ります。1人でも多くのライダーが趣味のモトクロスを継続し、ライダー同士で交流し、またリターンライダーの再開のきっかけにもなるような環境作りを目指します。
これまで継続して来れましたのも一重に、協賛応援くださる皆様、参加ライダーの皆様のおかげです。
開催概要、エントリー詳細はウエストポイントのサイトから→ http://www.westpoint.jp/mainevent/vet2023/ 
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg 
posted by Kamikaze130 at 09:03 | モトクロス