ジャパンVETご協賛社情報(4月28日時点)

2017ジャパンVET(5月7日 オフロードヴィレッジ)のご協賛各社様(カミカゼスポーツ管理分)
今日現在の各社様です。
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

・(株)ホンダシーエス 様
(有)磯貝鮮魚店 様
・(株)メディカルマネージメントサービス 様
・東希和商会 様
・BIG BEAR 様
・(有)陽和組
・アンリミット モトフィールド榛名 様

協賛募集は終了しました。
今年も多くのご協賛をありがとうございます。

 
**********
【第11回 ジャパンVET開催のお知らせとご協賛のお願い】
30歳以上のサンデーライダー対象のモトクロスイベント『2017 第11回ジャパン・ベテラン・モトクロス・チャンピオンシップス』(通称ジャパンVET)が、今年も開催されます。サンデーライダーに人気のオフロードヴィレッジを会場に、
何歳になっても年齢相応にモトクロスを楽しむ、VETライダー向けの和気あいあいとしたイベントを目指します。
◆開催概要
●開催日:2016年5月7日(祝)  会場:埼玉県 オフロードビレッジ
●主催・運営:ウェストポイント  事務局:ウェストポイントクラブハウス(TEL.049-226-4141)
●スーパーバイザー :カミカゼスポーツ 伊田井佐夫(TEL.048-269-3389)
◆開催の主旨
何歳になっても年齢相応に永く楽しむモトクロスの普及。生涯の趣味としてのモトクロス文化が、
日本にも深く根付いていって欲しい。伊田井佐夫は、毎年アメリカの『ワールドVET』参戦を通じ、その大会形式をベースに日本向けの『ジャパンVET』を2007年より企画、以来スーパーバイザーとしてお手伝いしています。
年齢別と技量別に分かれたクラス設定で、30歳以上ならばレース初心者から誰でも同レベル同士が走って楽しめます。
年に1度このイベントがあることで、多くの中高年ライダーが、趣味としてのモトクロスを再開し、
継続して楽しむための環境作りを目指しています。
********************

★協賛社募集!★
開催にあたり、イベントの充実および今後の継続に応援いただけますご協賛企業様を、下記内容にて
募集いたします。協賛企業各社はプログラム・雑誌・web関連ページ等に掲載いたします。
ぜひともご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

■A協賛/記念Tシャツ ご協賛 1口につき 10.000円。 販売用オリジナル記念Tシャツ『第11回ジャパンVET・T』に、御社指定ロゴマークをプリントいたします。ロゴ前回流用の場合はその旨を、新規ロゴはロゴデータをご手配頂き、4月17日(月)迄にご連絡ください。
協賛金のお振込先/青木信用金庫 北支店 普通口座 3152353 カミカゼスポーツ
       御社への請求書発行をご希望の場合にはお申し付けください。記念Tシャツご希望サイズを1枚進呈いたします。 
■B協賛/賞品等への物品協賛 (内容・数については御社でご決定いただき、カミカゼスポーツ迄ご送付いただければ幸いです。御社商品の配布用チラシやパンフレットなどあれば一緒にお送り
  ください、活用いたします。)
◆A協賛、B協賛いずれも、当日は無料にてブース(展示・販売)出展いただけます。ご出展に際してはスペース区画を確保いたしますので、事前にご連絡ください。
【お申込・お問合せは】カミカゼスポーツTEL.048-269-3389(伊田)・090-3681-9418(高橋) または ウェストポイントクラブハウスTEL.049-226-4141まで お気軽にご連絡くださいませ。

posted by Kamikaze130 at 11:32 | モトクロス

全日本オフビでVETのPRブース♪

オフロードヴィレッジで開催された『全日本モトクロス第2戦関東大会』で 5月7日にここでおこなわれる”参加型オトナのモトクロス祭り”『第11回ジャパンVET』のPRブースを出した。

新たにエントリーくださった方、新たにご協賛をくださった企業様個人様、誠にありがとうございました。

そしてもちろん観戦も!(全日本に出ないんですかと沢山の方に言われたが、全日本での激闘トレーニングは昨年の「60歳記念出場」を最後に終了しました。今後はMCFAJやVETやマスターズで楽しみながら鍛えます。)

IMG0412VETブースでweb.JPG
 ↑ ジャパンVETブース前で。去る2月のオールスターMXでお世話になったレジェンド松田ツヨッチ強と奥様、沖縄スタッフメンバーも視察に来場。と、実況アナウンサーのみし奈さん(電話中)、SaftyBike安全運転研修センター長のナベちゃんと。

IMG0400web.JPG
 ↑ レースウィークの金曜のよるは、北海道やオーストラリアからのゲストとカミカゼガレージで宴会。秘蔵のマムシ酒をみんなで飲みまくる。

相変わらずオフタイムはモトクロスと宴ばかりのカミカゼであった。(^◇^)
posted by Kamikaze130 at 17:45 | モトクロス

モトパーク森で走り込み♪

福島県鮫川村にあるモトパーク森で、「ワールドVETへ向けた春の走り込み」をおこなった。いつも書いているが、ここのサンド路面はグレン・ヘレンのとても良い練習になるのだ。

土曜はレジェンド仲間のオサーム氏と走り、そのあとは温泉療養 〜 ピットで『宇都宮餃子とジビエ鍋』 ビールと宮崎県産芋焼酎での宴会キャンプ。
BL9972ピットweb.JPG
 ↑ 日曜は絶好のモトクロス日和に。プレシャスファクトリーの工藤夫妻、チーム634のケンヤ一派も合流。

BL9922伊田web.JPG
BL9963伊田web.JPG
 ↑ 2017CRF450Rはとても好調。FIマップを変えたり色々セッティングしながら朝から午後一杯みっちり走り込んだ。

BL9899伊田井佐夫web.JPG
 ↑ プロフィール用写真をこれに入れ替えます。よろしく!

posted by Kamikaze130 at 12:34 | モトクロス

掲載時等の写真は こちらをお使い下さい。

誌面やweb、その他で伊田の写真掲載をご希望の媒体および企業様は、事前に使用目的等のメールまたはお電話をいただきまして、こちらの写真をご利用下さい。他カットご希望の場合はリクエスト連絡ください。
BL9899伊田井佐夫web.JPG
posted by Kamikaze130 at 00:00 | プロフィール・戦歴

ジャパンVETの開催案内!

5月7日ジャパンVETの開催案内が、主催運営のウェストポイントさんのVET公式サイトにアップされています。


会場はオフロードヴィレッジとなります。
全日本MXも開催されるダイナミックな格式コースを、ベテランイベントに向けた「みんなが楽しめる」レイアウトになる予定です。
30歳以上ならサンデーライダー、ノービスライダーから誰でもエントリーして楽しめる内容です。
ミニモトやビンテージなど特設クラスもあります。
レジェンドも集まるのでみんなでオトナの運動会しましょう。

また、恒例のレジェンドセレモニーは、元スズキファクトリーの松田強氏。現在はオールスターMXin沖縄主催や安全運転のための活動でも大活躍の松田さん、ステージでモトクロスへの熱い思いを語って頂きます。

皆さまどしどしエントリー、来場ください。
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
posted by Kamikaze130 at 11:56 | モトクロス

3月5日、MCFAJ第2戦で少しだけ全開

3月5日はモトクロスビレッジで開催されたMCFAJクラブマンモトクロス第2戦 GPクラスを走った。

まだ沖縄(オールスターに併催されたジャパンマスターズオブモトクロス)から2017年式のバイクもギア類も戻ってきておらず、バイクは2013年の、ウェアは去年のものを使用しているため写真はこれしかありません(笑)。

第1ヒートは何回もエンストしてキックに疲れてしまい、トーンダウンしてピットイン。
第2ヒートはなんとか走った。エンストの原因がちょっとナゾ。
IMG0383表彰web.JPG
 ↑ GPクラス表彰で田渕武選手と。


posted by Kamikaze130 at 17:21 | モトクロス

第15回ジャパンマスターズ of MX in沖縄!

2月26日、オールスターモトクロスin沖縄に初併催された『ジャパンマスターズofモトクロス』。

雨でマディだったがライダーたちはみな元気に全開、レースと、オールスターと、ファンの皆さんと、沖縄ならではの素晴らしい大会のすべてを満喫した。

IMG0193ゼッケン貼りweb.JPG
 ↑ 土曜のフリー走行前、マスターズ全ライダーにゼッケンを配布。名前入りのスペシャルなゼッケンディカールは、毎回スージー・ディジッツさんが協賛してくださる。感謝!

BL9043招集web.JPG
  ↑ マスターズ スタート前の招集風景。ゼッケンが揃うと格好いいでしょ?

BL9324ライダー紹介web.JPG
 ↑ 日曜日、レース前の選手紹介で。県内外から往年のファンの皆さんも大勢見に来てくれた。

BL9064スタートweb.JPG
 ↑ 皆さまの期待に応えるべくホールショットを狙うカミカゼ(中央)。ロケットスタートのライバルは大内ケンヤ、漆原マサトシ、源治アツシ、そして松田ツヨッチ。

BL9574伊田web.JPG
 ↑ 主催者である松田強君も走ってくれて、楽しくバトルする。本当に久々の超マディだった(近年は眼がヤバイので雨マディではなるべく走らない)が、ロールオフと替えゴーグルを装備して攻めの走り。

BL9085伊田web.JPG
 ↑ マスターズの15分プラス1周×2ヒートは完全優勝。今回は調子に乗ってオールスターIA1クラスにもエントリーし、連続4ヒート完走をもくろんだが、あいにくの雨に阻まれ、転倒もありやむなくピットイン。でも力走は見てもらえたと思う。

BL9753走りweb.JPG
 ↑ イマナゴクロスフィールドは、HRCも強化合宿に使用しているなかなか良いコース。晴れていたら絶対に最高だ。

IMG0237東江さんとweb.JPG
 ↑ 雨の中、ダブルエントリーで忙しいカミカゼの洗車を手伝ってくれたのはホンダSPORTS池原の東江メカニック。とても助かりました、ありがとうござました!


★大会リザルトはこちらから↓↓

★大会の模様は、Webマガジンのwebミスターバイク http://www.mr-bike.jp/?p=126354
と、月刊ダートスポーツ(3/24発行)、にて掲載。
**********

さて、レースが無事終わったあとは沖縄を楽しむモード全開。レース日の夜はオールスター主催による打ち上げパーティが那覇市内で盛大におこなわれ、ライダーもスタッフもファンも家族もみんなで一緒に飲んで食べて騒いで最高!

AL7739伊田タカセweb.JPG
 ↑ タカセ君は2016シーズンで現役引退したがオールスターを盛り上げようと参加、気合いの入った走りを見せてくれた。あと少しでマスターズでにも出れるよ(マスターズは40歳以上対象)、よろしく!

AL7740乾杯web.JPG
 ↑ カンパイ、カンパイ! 先輩後輩一緒に飲んで話せるこういう場は貴重です。

AL7879とらお成田つよっちweb.JPG
 ↑ 鈴木都良夫さん、松田ツヨッチの大レジェンドに挟まれ、あまりに恐れ多過ぎてベソ顔のV11絶対王者 成田アキラ選手。

AL80192次会でweb.JPG
 ↑ 念願の待望のオールスター総合優勝を遂げた成田アキラ選手、おおいに飲んで嬉しそうだった。

AL7707MTB時代web.JPG
 ↑ これはスペシャルなスリーショット! カミカゼの隣りは松田強くんの奥様マサコさん、左はマスターズに初参加した(元IBなのだ)KYBサスペンションの小倉部長。この3人は、90年代のMTBダウンヒルで、日本を代表して世界選手権に遠征した。懐かしいなぁ だから余計に最高だった!

AL7846平仲さんweb.JPG
 ↑ オールスターin沖縄の主要スタッフの1人で今回マスターズの現場進行を担当してくれた平仲さん、最後までいろいろ気遣ってくれてありがとう、お疲れ様でした。

IMG0327琉球新報web.JPG
 ↑ オールスターMXin沖縄の模様は、琉球新報 火曜朝刊にカラー一面で掲載された。スゴイ!

IMG0331イマジンマツダweb.JPG
 ↑ 今大会の主催 松田強くんのイマジンマツダを訪ねると、1994年のロン・ティシュナー車があった。

IMG0246残波岬でweb.JPG
 ↑ レースを終えて月曜日のカミカゼは、国内外で恒例としている「レース後の体をほぐすウォーキング」へ。まずは残波岬。美しい。。。

IMG0254残波岬灯台web.JPG
 ↑ 残波岬では散策路を30分ほど歩いて癒される。

IMG0285海洋公園web.JPG
 ↑ 海洋博公園もウォーキングに最適、何度来ても気持ちいい場所。ここは広くて果てしなく歩ける。

IMG0294イルカショーweb.JPG
 ↑ で、海洋博公園(入場無料)から水族館方面に歩いていくと、イルカショー「オキちゃん劇場」に行けて、ちゃっかりショーを楽しむ。何度見ても感動モノ、あまりに素晴らしい芸ばかりで、日本のイルカ調教は世界イチと確信する。

IMG0192我那覇豚肉店web.JPG
 ↑ 今回新たに開拓できたのが那覇市内の『我那覇豚肉店』。沖縄の「あぐー豚料理」が絶品。また行きたい店。

レースに、皆さんとの再会に、グルメに観光にと中身の濃い沖縄遠征だった。3年目の沖縄オールスター、本当に素晴らしいイベントなのでこれからも発展していってほしい。マスターズライダーのみんなも「また走りたい!」と言ってます!

大会関係者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

posted by Kamikaze130 at 18:56 | モトクロス

妙高池の平で大滑走♪

冬は雪山でぶっ飛ばす。
IMG0130伊田web.JPG
 新潟県 妙高池の平温泉スキー場。天候にも新雪にも恵まれた。

IMG0157池の平web.JPG
IMG0166池の平0219web.JPG
 ↑ 見よこの絶景〜 同行のベコスタ氏、スクート2シーズン目だが上手く滑る。たまにでんぐり返ってシロクマになる。
IMG0167タトラ0219web.JPG
 ↑ 妙高高原ビール工場のレストランで飲み放題+バイキングの夜。1泊とリフト2日券と夕食バイキングと温泉がついて1まんえん也。また行きたい!

posted by Kamikaze130 at 11:49 | SCOOT

ジャパンVETは5月7日 モトビレで開催!

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
30歳以上、ノビースからエキスパートまですべてのライダーを対象にした参加型イベント『ジャパン・ベテランズ・モトクロス・チャンピオンシップス』 通称ジャパンVETが、今年は5月7日にモトクロスヴィレッジで開催されると、主催のウェストポイントから発表された。パチパチパチ!

特徴は年齢別×レベル別のクラス分けで、同年齢、同レベル同士が走るためなかなかのスリルと接戦。

カミカゼは、スーパーバイザーとしてお手伝いしながら、最高峰VETクラスを走って楽しみます。

ノービスから歓迎なのでみんなで参加してね!






posted by Kamikaze130 at 14:41 | モトクロス

2017MCFAJ開幕

MCが開幕した。カミカゼは他コースにいて出場できなかったが、初戦オフビで盛り上がったらしい。
開会式では恒例「昨年度のランキング認定証授与式」があった。
昨年はシリーズ10戦中6戦でGPクラスを走ったカミカゼのランキングは2位。(チャンピオンはフル参戦の田渕武くん)
今年も都合が許す限り出場しますので皆様よろしくお願いします。
IMG0125MCランキング盾web.JPG

posted by Kamikaze130 at 14:33 | モトクロス

MX練習inWINS

先週末は雪の北海道から源治篤くんと安田康太くんが走り込みに来て、ウィンズMXパークで一緒に練習。

いつものVET仲間に加えて東希和レーシング時代の先輩ライダーも合流して楽しんだ。

IMG0119ウィンズweb.JPG
 ↑ 市川哲也 元HRC監督(右)とも久しぶりに会う。2004-2007年はHONDAのマウンテンバイク・ダウンヒルTeamGCrossHonda監督も務めた市川さん、いまは千葉で馬を飼いながら悠悠自適の暮らしをされている。

IMG0086ウィンズweb.JPG
 ↑ いつもgoodコンディションのウィンズMXパーク。

posted by Kamikaze130 at 14:01 | モトクロス

冬は雪山!スノースクート

1月は雪がたっぷり降ってから2回、新潟の糸魚川シーサイドバレーと長野白馬で滑った。

美味い地酒と魚、極上の温泉をセットに、オジサン軍団は元気に滑りまくっている。

3月まで楽しめるのでモトクロスの合間に雪山行きます、興味ある方は一緒に滑りましょう。

(撮影:ベコスタ・トシ)

2017白馬IMG1665.JPG
 ↑ 白馬八方、長野オリムピックのスタートゲートをバックに。

2017白馬IMG1667.JPG
 ↑ 近くの人にシャッター押してもらったらスクートが写ってなくて(´・ω・`)

2017白馬IMG1669.JPG
↑ 1月には珍しく もうしぶんのない天気だった

2017白馬IMG1664web.JPG
滑れば暑いくらい。爽快なトレーニングになります。





posted by Kamikaze130 at 09:05 | SCOOT

第15回ジャパンマスターズ ライダーリスト

第15回ジャパンマスターズofMX
2017年2月26日(日) 沖縄県名護市イマナゴクロスフィールド
【ALL STAR MOTOCROSS in沖縄 に併催】

ジャパンマスターズofMXは、40歳以上の元&現IA・IBレジェンドを対象とするショータイム。何歳になっても大好きなモトクロスを生涯の趣味として楽しみ、懐かしい顔ぶれと元気な走りでモトクロスの魅力をアピールします。これまで全日本SUGOやウィークエンドレーサーズに併催され、第15回目を迎えた今回の会場は初めての沖縄オールスター! 北海道から九州からレジェンドが揃いました。皆さんも観戦、応援に、ぜひ沖縄旅行はいかがですか?

参加ライダー
◆+40クラス(40〜49歳)
松田 強 ALL STAR主催者。イマナゴクロスフィールドを作ったレジェンド張本人!
藤城光雄 ジャパンマスターズ初参戦の元IAライダー。
大内健八 2016ワールドVET参戦でアメリカンな走りをつかんだ!?

◆50クラス(50〜59歳)
光安鉄美 「レースは30分を過ぎてから」が名言の鉄人、元チャンピオン
源治 篤 北海道にゲンジあり!今回はオールスターIAクラスも走ります。
漆原雅利 2016中国選手権IBチャンピオンはもちろん優勝マジ狙い。
小倉秀昭 海外出張の合間を縫って参戦、エンデューロにも夢中の元IB。
春木久史 世界を走りながら体当たりで本作り、ビッグタンクマガジン編集長。
御幸 彰 2014年BAJA1000クラス優勝経験を生かして北海道から遠征。
清水政徳 御幸選手と同じく豊富なBAJAラリー経験あり、マスターズ初参戦。 

◆60クラス(60〜69歳)
伊田井佐夫 全日本とワールドVETに挑戦中の60歳現役IA、カミカゼ130
斎藤 修 モトクロスとウクレレとカヤックを愛す行動派カンレキ現役IB
古屋 昇 1960年代から走り続ける北海道のマスターズレジェンド。
坂井輝雄 タフでいつも元気いっぱいの元IB、今大会最高齢68歳。
古川正昭 佐賀県でバイク活性に尽力、勢いあるジャンプにも注目!
本間清隆 ハスクバーナ北海道のボスは大応援団とともにマスターズ初参加

レースは混走での2ヒート制、表彰はクラス別におこないます。
マスターズロゴIMG_0531web.JPG
**********

オールスターモトクロスin沖縄の観戦情報、アクセス等は


posted by Kamikaze130 at 16:43 | モトクロス

ジャパンマスターズofMX 参加ライダー続々決定!

マスターズロゴIMG_0531web.JPG

2月25〜26日の『オールスターMXin沖縄』に併催される『第15回ジャパンマスターズofMX』。

40歳以上の元&現IA、元&現IBライダーを始め、特別推薦枠を含めた参加ライダーが続々確定しています。

元チャンピオンの光安鉄美さん! 北海道からはIA源治篤さんほか、マスターズでお馴染みの坂井輝雄さんと古屋昇さん、そして本間清隆さん、御幸彰さん、清水政徳さん、BIG TANK MAGAZINEの春木久史さんもエントリー。さらに知人・友人・社員のご一行様が沖縄ツアーを組んで北の大地から応援に駆け付けます。

元IAの藤代光雄さんと元IBの小倉秀昭さんが初出場のほか、現役IBの漆原雅利さん、斎藤修さん、昨年ワールドVETでハジけた大内ケンヤさん。九州からはグリーンシャドウの古川正昭さんがエントリー。そしてカミカゼ伊田は、マスターズだけでなくIAレ−スのダブルエントリーで楽しみます。

また、ビッグレジェンド鈴木都良夫さんが観戦で来場されるという情報も入りました。

●皆さんも、沖縄旅行を兼ねてオールスターMX&マスターズ観戦はいかがでしょうか。
チケット、アクセスなどの観戦情報についてはオールスター沖縄のサイトからご覧ください。


posted by Kamikaze130 at 11:33 | モトクロス

あけましておめでとうございます2017

2017年元旦 あけましておめでとうございます。
今年もブイブイ走ります、皆様よろしくお願い申し上げます。

AL0433web.JPG
                             (2016 全日本 藤沢)
新年元旦は
IMG0045伊田家web.JPG
 ↑ 還暦のサマジィらしく、自宅でゆっくりしてみた。母・孫・長男夫婦の親子4代で。






posted by Kamikaze130 at 13:40 | モトクロス

釣りたて が届いた!

暮れのある日。エボリューションの上條氏が日本海で1本釣りしたワラサがドドンと届いたので、はりきって捌く。

IMG0032warasaweb.JPG
 ↑ 刺身、煮つけ、塩焼きなどで愉しんだ。ごちそうさま!
posted by Kamikaze130 at 13:36 | モトクロス

忘年会!と練習!

レースを始めたころ所属していた『東希和レーシング』、の先輩後輩で集まり、焼肉屋で忘年会。

クリスマスイブだったので、それっぽい服装にしてみた(笑)。

20161224トキワ忘年会IMG_1627.JPG
 ↑ ここは元関取の『貴闘力』の焼肉店。オジサン4名元気に食べた飲んだ!


明けて25日はモトビへ練習に行き、冬晴れのなか気持ちよく走った。
リフレッシュして、年末の仕事納めまで頑張ります。

posted by Kamikaze130 at 18:05 | モトクロス

デカールは「アルカンシェル」デザイン

2017CRF450Rに SUSIE DIGITS製デカールを貼る。

リクエストしたデザインモチーフは、UCI(国際自転車競技連合)のアルカンシェル(世界選手権優勝者に与えられるジャージを指す。フランス語で虹の意味)。
MTBワールドマスターズ ダウンヒルでチャンピオンを取った2006年、そのアルカンシェル・ジャージを授与された。今年は自分自身に気合いを入れる意味も込めて、思い出のデザインを取り入れた。メカニックシャツもまた同じ色彩だ。

IMG0030デカール貼りweb.JPG


posted by Kamikaze130 at 14:59 | モトクロス

ジビエ料理でクリスマス会♪

家族が集まり、ジビエ料理を愉しみながら美酒を飲んだ。

IMG0022BBQweb.JPG
 ↑ カミカゼの隣りから長女夫婦、長男夫婦と孫。右端は先日CRFカミカゼ号を購入いただいた近所の会社勤務の160氏。

IMG0024和ラー.JPG
 ↑ 新発売だという『和ラー』1ケースがてっぺー氏から「おせーぼ」と書いて届いた。てっぺー氏が和ラーの広告スチール写真を担当したという、売れっ子! で、贈ってもらった人は必ずこの写真を撮っててっぺー氏に送信しなければならない(笑)。SNSではもの凄い勢いで拡散中だとか。

IMG0026ウィンズweb.JPG
 ↑ 翌日はモトクロス日和、ウィンズMXパークで練習した。newCRFがなかなか良い。
セルスターターを待っているが、、、まだ来ませんHONDAさん。

posted by Kamikaze130 at 19:51 | モトクロス

一将祭 で全開♪

12月11日はMX408で開催された 第11回一将祭 に参加した。
ISAO KAMIKAZE IDA enjoyed and raced "KAZUMASA FASTIVAL" at MX408.

後輩レジェンドの増田一将君@WESTWOODが、プロディースしてディレクターもして当日の運営も指揮して、それよりなにより本人が100と125と150と450の4台のCRFまたはCRで全クラスを走るという、カズマサDAYなお祭りだ。

 
WESTWOODは長年、カミカゼのJTウェアのスポンサー様であり、社長にご挨拶もしようとエントリーすると、「ホールショット王決定戦」にお誘いいただいた。勝ち抜いた皆さんと最後に対決するという企画で、喜んで参加。スターティングゲートからゴールの白線までが意外と短かったが、今なお「元祖ホールショット男」などと呼ばれるのでここはきちんと取らねば、とちょっとガンバった。
その瞬間の写真はダートスポーツ誌に載るかもなのでここにはまだ出せません、あしからず。

ホールショット王のメンモクを保てて気を良くしたカミカゼは、続く「コース1周マラソン大会」にも参加。
BBL7144マラソンweb.JPG
 ↑ クリスマス気分の赤Tシャツでマラソン大会へ、スタート前は笑っていられたが。。。。

AAL0391マラソンweb.JPG
 ↑ なんともキツイ。ほとんど最後方。普段MXライドはしていてもジョギングやマラソンはしていないので体力のなさを思い知った。ホノルルマラソンを元気に走っていた30年前を思い出す。あれから幾星霜。

AAL0415マラソンweb.JPG
 ↑ 転んでしまったキッズをフォローしながら無事ゴール。それにしても、もっと心肺持久力を鍛えなければと痛感。久しぶりに走って気づいたのは良い機会だった。

レースのレジェンドクラスには元A級ライダーが結構集まった。中山兄弟や長田君などアラフォーが多い中、中にはついこのあいだまで全日本を走っていたおそらくまだ20代の片倉選手もいて、60歳のカミカゼは「激しそうだからムリしないで走ろう」と思う。思ったが、ホールショットだけはきちんと決めて、序盤はトップを走った。

AAL0540伊田vs中山web.JPG
 ↑ タイスケが押して日没になってしまったレジェンドクラス。暗くてよく見えないがホールショットは取った。カミカゼが着ているのがJTの新作ウェア「BONES」。やがて背後から#929中山裕選手が追い上げてきて、

AAL0599レースweb.JPG
 ↑ マクグラスレプリカの#2長田友邦選手が来て、片倉久斗選手も来て、カミカゼは4番手に。

AAL0624レースweb.JPG
 ↑ まぁこのメンバーの中での4位は上々だろう。しかし走っているうちにもどんどん暗くなり、カンレキの視力には見えなくてちょっとアブナかった。

増田一将君もお疲れ様でした。準備も運営も大変だろうけど、こういうファン交流イベントは続いてほしいね。

●一将祭の各情報については 増田一将君のブログからどうぞ。

●イベントの模様は12月24日発売の月刊ダートスポーツに掲載されます。



posted by Kamikaze130 at 16:39 | モトクロス