出産祝&還暦誕生会

5月22日、カミカゼ宅に家族が集まり食事会。

お里帰りとお宮参りを終えた孫が帰ってきたのでそのお祝いと、
少し遅ればせながらのカミカゼ還暦の誕生会だ。

BN4617あんりえりかweb.JPG
 ↑ すくすく育ってほしい。

BN4612誕生会web.JPG
 ↑ 子供たちからバースデーケーキをもらった。10年×6本のローソク。
BN4613ケーキweb.JPG
 ↑ 左は孫(実質おかあさん用)のケーキ。慶事だし、カミカゼも久々にケーキを食す。夢のよーに美味しかった!



 
posted by Kamikaze130 at 13:28 | モトクロス

ダートスポーツにジャパンVET記事掲載

5月24日発売の月刊ダートスポーツ(造形社発行)に、ジャパンVETの模様がカラー2ページで掲載された。

年齢にとらわれず、何歳になってもモトクロスで遊ぶ姿と笑顔の写真が満載。
さらに本文中ではエントラントの皆さんが『元気で走り続けるために日ごろから心がけていること』について徹底解明。
エントラントの世代分布も円グラフで解析している。

DS07-4c-227x300.jpg









posted by Kamikaze130 at 14:38 | モトクロス

那須高原『ツーリングコテージ330』

5月21〜22日、栃木県那須高原にある 『バイクと泊まれる宿 ツーリングコテージ330 』に行ってきた。

名前のとおり、ツーリングライダー向けの宿。去年からオープンしていたが、このたび敷地内に『ミニオフロードコース』が完成して、お披露目会だ。
宿のオーナー夫妻は、カミカゼの親しい友人(川口の家がお隣さんなのです)で、今回は『モニター宿泊&ミニオフロード体験走行』企画 に、モニターの皆さん8名と訪ねた。
BM4269web.JPG
 ↑ ツーリングコテージ330 の外観。部屋は3部屋、各部屋のすぐ前に屋根付きのバイク置き場があり、愛車を眺めながら部屋で寛げる! 今回のモニターの皆さんは、BIG-1やハーレーで埼玉や東京からブンブンウォンウォンとツーリングしてきた。

BS4084web.JPG
 ↑ これが室内、天窓が明るい『ミーティングルーム』と呼ばれる部屋だ。で、ガラスの向こうがバイク置き場になる。テーブル・冷蔵庫・電子レンジなどがあり、素泊まりで飲食の持ち込みも自由というシステム(時期により食事付の対応もあります)。

BS4078web.JPG
 ↑ そしてロフト付きののベッドルームがあり、お休みタイムはこちらの部屋へ。最大5名収容。ミーティングルームとベッドルームの両方にバス・トイレがあり、なんともゆとりの客室だ。

BM4325web.JPG
 ↑ 土曜の午後はモニターの皆さんが、交代でオフロード体験。ふだんロードバイクの皆さんは、土の上を走るのは慣れないので新鮮なようだ。マシン設備はCRF125が3台あり、もちろんブーツやプロテクター、ヘルメットもレンタル完備。カミカゼもゲスト走行を披露し、簡単なアドバイスなどをおこなった。

BM4254web.JPG
 ↑ コースは、オフが初めての人も楽しみながら周回できるレイアウト。小さいながらも登りやギャップやバンクもあり、オフビギナーには結構スリリング。みんな「楽しいーっ!」と言いつつ10分も走ると疲れきって交代していた。

BM4345web.JPG
 ↑ モニターの皆さんは20〜50代、ツーリング大好きなBIG-1乗りとハーレー乗り。この日は土の上の『非日常感覚走行』を堪能していた。左の赤いFOXウェアが、コテージオーナーの清水氏。みずから重機を駆使して森を切り開き、コースを作りあげた。バイク好きの清水氏らしい、ライダーのニーズを知り尽くした宿だ。

BS4100web.JPG
 ↑ じつは、広大な敷地内にはもう1棟(本館)あり、こちらは『ワンちゃんと泊まる宿 シェット・らんど』として経営している。『シェット・らんど』はドッグランが完備、そして『コテージ330』にはミニオフロードコース完備!という、まさに夢を形にした清水夫妻だ。

東京近郊から1泊ツーリングにも最適な那須高原。牧場や温泉など行き帰りの立ち寄りどころも多いし、ロードしか走ったことのないライダーは特に『オフロード体験』を組み合わせれば、かなり充実の旅行になるのでは? グループツーリングにもぴったりだね。

宿泊予約に関する詳細、オフ体験の開催日程・料金などは ツーリングコテージ330のサイトをご覧ください。

と、おもいきり宣伝します! 最高にいいところです!


posted by Kamikaze130 at 17:33 | モトクロス

5月15日 MCFAJ@軽井沢で全開♪

5月15日は軽井沢モーターパークでMCFAJクラブマンモトクロス第4戦がおこなわれ、GPクラスを走った。
軽井沢のコースは火山灰サンド路面で、ワールドVETのための良いトレーニングになるのだ。

IMG6005伊田web.JPG
 ↑ レース時間になり、ピットで集中を高めるカミカゼ。コースが変わったと聞いていたこともあり、前日の土曜からみっちり練習した。

IMG6029スタート前web.JPG
 ↑ 2ヒートともスタートはセンター位置のボックス横から。タイヤはもちろんIRCの ix−09Wでキマリ。

IMG6030第1コーナーweb.JPG
 ↑ 2ヒートともホールショットが決まり、順調に走って1位/1位。レースは最高峰GPクラスとSE(スーパーエキスパート)クラスの混走。
IMG6008表彰台第1ヒートweb.JPG
 ↑ GPクラスのポディウムは、先日もジャパンVETでバトルした田渕選手と(第1ヒート)。ベテランライダーにはJTウェアがよく似合うね!

IMG6054シャンパンweb.JPG
 ↑ 第2ヒート。カミカゼが着ているのはMCFAJのウィナーTシャツ、各クラス1位がもらえる。

IMG6015ピットweb.JPG
 ↑ 好天に恵まれた春の軽井沢モーターパークは気持ち良い。反対まわりになったコースも新鮮だった。

だがしかし! レースを走り終えると、マフラー部分のフレーム破損が判明。うーむ、このマシンも4シーズン目、金属疲労だろうか。また修理代が・・・っ((+_+))




posted by Kamikaze130 at 12:20 | モトクロス

第10回 ジャパンVET ♪

5月5日、快晴のモトクロスヴィレッジで 『2016 第10回 ジャパン・ベテランズ・モトクロス・チャンピオンシップス』が盛大におこなわれた。

カミカゼは、スーパーバイザーとして企画や準備をお手伝いし、当日は仲間たちとおもいきり走って楽しんだ。

エントラントと観戦・応援の皆さま、協賛スポンサー各社さま、主催運営のウェストポイントさま、心より感謝します。

レポート記事が Webミスターバイク にアップされています、ぜひ見てください ↓↓↓


AS0866第2ヒートweb.JPG
 ↑ VETクラス第2ヒート、ホールショットを決めてトップ走行するカミカゼ。後方から田渕タケシくんが追いかけてくる。
AL0943伊田web.JPG
 ↑ 最後まできっちり全開した。

BL3922伊田表彰台web.JPG
 ↑ VETクラス+50 のポディウム。カミカゼが2位/1位で総合優勝、総合2位に1位/2位で田渕くん、総合3位に3位/3位の源治アツシくんフロム北海道。

カミカゼは59歳最後の日、総合優勝でしめくくることができ、翌5月6日、無事還暦を迎えた。
来年からはVET+60クラスで走ります。

 
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
まだまだ写真鋭意整理中、アップしていくのでお楽しみに!
posted by Kamikaze130 at 10:33 | モトクロス

若人たちとBBQ

5月3日(祝)は快晴無風、長男の友人たちが集まり、BBQや天ぷらの休日。

IMG5984BBQ0503web.JPG
 ↑ カミカゼは 天ぷら担当。「まかせなさい!油の温度管理?揚がっている音を聞けばよろしい」 タケノコ、山菜のコシアブラで「ほぼ料亭の味」。

IMG5986BBQ0503web.JPG
 ↑ 長男30歳の同級生たちと。みんなそれぞれの仕事に邁進している模様。

IMG5988ひろりん0503web.JPG
 ↑ 長男ひろりん、生まれて2週間のムスメ杏里にぞっこん。


posted by Kamikaze130 at 12:19 | モトクロス

ジャパンVET ご協賛各社(カミカゼにて集めたぶん)

5月5日のジャパンVETの開催と継続にご協賛くださる企業様、個人様です。
今年も多くの皆様のご協力、ご協賛をいただきまして、開催することができます。
ありがとうございます!

***********
ご協賛各社(敬称略)

ウェストウッド井原商会
円陣家至高油類商
アンリミット
プロテクタ
ラフアンドロードスポーツ
SHOEI
バイクショップハラグチ
ホーリーエクイップ
ジャペックス
井上ゴム工業
陽和組
久保 守
田村充宏
プロストック
ホンダシーエス
フルカワグリーンシャドウ
アルファスリー
磯貝鮮魚店

**************
★A協賛/ジャパンVET第10回記念Tシャツに御社ロゴマークが入ります。1口につき10000円。
 (Tシャツへのロゴマーク入れの都合上 A協賛は締め切りました)
★B協賛/賞品等の物品協賛(当日まで随時受け付け、内容はお任せします)

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

posted by Kamikaze130 at 11:43 | モトクロス