ビーチレースで全開、のはずが!?

人気の神栖ビーチレース (主催:ウィンズアサノ)に初めて参加した(お誘いいただいた上に招待ライダー扱いにしていただいた)。
茨城県神栖市の、夏は海水浴場になる長い砂浜で、ビーチエンデューロだ。
ディープサンドを満喫できる機会とあって老若男女100台越えが集まった。

しかし。サンドをなめてはいけない。
前日の公式練習に突入したとたん、打ってもひねってもいないのだが左足大腿部に痛みが出て、神経痛のような症状に(単にトシのせいという声も)。
翌日のレースは様子をみながら朝の練習を走り、50分間のヒート1に臨んだのだが。。。

IMG2077伊田web.JPG
 ↑ ゼッケンは130X。サンド用にタイヤ(IRC Z-MARKU ウェットスペシャル)とFスプロケット14Tをセットした。

IMG2084伊田web.JPG
 ↑ サンデーレースのトランスポンダー計測もすっかり定着した感じですね。

ヒート1、第1コーナーで複数台の転倒にからんでしまい再スタートするも、その後のストレートで単独クラッシュ。
それほどダメージはなさそうだったので、押さえめに走って完走を目指すことにした。

BM3696伊田web.JPG
 ↑ 波打ち際をぶっ飛ばすなど久しぶり、なかなか気持ちよい。サーファーや貝広いの人々がびっくりしながらレースを眺めていた。

BM3675伊田web.JPG
 ↑ 風力発電のプロペラが立ち並ぶ神栖の海岸。

BM3641伊田web.JPG
 ↑ しかしながら実は足と肋骨の痛みをこらえて走るカミカゼ。

午後のヒート2はDNSとした。明日は仕事だし。

BM3906伊田web.JPG
 ↑ 表彰式後の抽選会で抽選を引く役をしたのだが「字が小さ過ぎて見えなーい!」ため、老〇鏡をかけたウィンズアサノ浅野さんに読んでもらう(笑)。ウィンズアサノは奥様とお嬢さんもイベントの先頭に立って運営する、一致団結家族だ。大変お疲れさまでした!

というわけで肋骨がつくまで少しのあいだおとなしくしています。懲りないカミカゼである。

●イベントの模様は月刊ダートスポーツ4月24日発行号に掲載予定です。





posted by Kamikaze130 at 16:32 | モトクロス

ジャパンVET 5月26日 開催!

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
30歳以上ならノービスから誰でも出場OKの参加型ベテランズモトクロス、『ジャパンVET』が、今年は5月26日、オフロードヴィレッジで開催されます。

主催のウェストポイントさんが5月10〜12日に全日本モトクロスを運営するため、例年ゴールデンウィーク開催が続いたジャパンVETでしたが、今年は5月26日となりました。

カミカゼはス−パーバイザーとしてお手伝いし、当日は+60VETクラスを走ります。

そうと決まればさっそく協賛募集などの準備開始です!


posted by Kamikaze130 at 15:43 | モトクロス

3月10日、MCFAJ第2戦で全開♪


MX408でおこなわれた『MCFAJクラブマンモトクロス第2戦』 GPクラスを走った。

前日まで新潟県でスノースクート爆滑のハードスケジュールだったが、2ヒートともタレずに走った。

BM3245ヒート1web.JPG
 ↑ ヒート1、ロケットスタート〜ホールショットから、SEクラスのトップランカー#93斎藤銀汰選手とバトる。ほぼ『孫とおじいちゃん』くらいの年齢差か?

BM3259ヒート1web.JPG
 ↑ newウェアは2019JTの『DNA』モデル。ヒート1はイエローを着て。

BM3274ヒート1web.JPG
 ↑ GPクラス ヒート1の1位を決めてガッツボーズ。

BM3313ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2もホールショットからブッ飛ばす。GPクラス赤ゼッケン#634が大内健八くん、#24は西信明くん。カミカゼ赤ゼッケンじゃなくてスミマセン。

BM3346ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2はJT DNAのホワイトを着た。スージーディジッツのnewデカールデザインも気に入ってます。

BM3324ヒート2web.JPG
 ↑ 第2コーナーのあと。後方にケンヤ選手と銀汰選手。

BM3387シャンパンweb.JPG
 ↑ GPクラス シャンパンファイト。壇上コメントではJTウェアと、5月26日のジャパンVETの宣伝をさせてもらった。

MCFAJ第1戦、第2戦の模様は 月刊ダートスポーツ5月号(3/24発行)に掲載されました。

posted by Kamikaze130 at 13:03 | モトクロス

3月もSNOWSCOOTで爆滑♬

3月も山はまだまだ雪の中。長野県の白馬47&五竜、翌週は新潟県の妙高池の平と杉ノ原で仲間たちと滑りまっくた。

IMG1895伊田web.JPG
 ↑ 白馬はしばらく雪の降らない日々で路面が固く、スピードが乗る。日陰はアイスバーンもあり油断ならないがサス付きブラックマウンテンモデルでとカッ飛ぶカミカゼ。

IMG1914上條web.JPG
 ↑ 同じくブラックマウンテンモデルに乗る長野のK氏、スクーターズクロス歴代チャンピオンだけに華麗に滑る。

IMG1907先輩web.JPG
 ↑ センパイ(65歳)も。

IMG1900ほりちゃんweb.JPG
 ↑ 増量中のI郎氏も。

IMG1903先輩友web.JPG
 ↑ センパイのお友達氏も。

IMG1909美蔵web.JPG
 ↑ 昼食に天ぷらそばをガマンして山菜そばにしたら5分後に腹ペコになったU社長も、みなブッ飛ばした。平均年齢が高めだが(リフト券はほぼ全員シニア券)オジサン元気!の骨頂だ。

IMG1916白馬web.JPG
 ↑ 眼前に迫る景色も白馬ならでは。

IMG1957市川さんweb.JPG
 ↑ 翌週の池の平では、先輩のI元HRC監督がスノースクート初挑戦。!「これはムズイ!」と言いながらもハマった模様で、ボードセッティングをリクエストするこだわり(さすが元HRC!)、楽しんでいただけた模様。

IMG1968オウラさんweb.JPG
 ↑ I監督の son-in-law 、Oさんはスウェーデンの方。初めてのスノースクートだったが子供の頃のスキー経験を生かしてあっというまにマスターし、山頂からのロングライドにチャレンジした。

IMG1981津下さんweb.JPG
 ↑ 池の平の翌日は杉ノ原へ。モトクロス仲間のTさん、今シーズンめきめき上達。

IMG2055ゆうこりんweb.JPG
 ↑ 奥さんのY子りんもカ−ビングターンをマスターした。

IMG1987ムラタさんweb.JPG
 ↑ 同じくモトクロス仲間のMさん、マイスクートでスイスイ。

IMG2061しのぶちゃんweb.JPG
 ↑ スク−トデビュー間もない新妻のSちゃん、怖がりながらも2日目にはだいぶ上達した。

IMG2066きれいweb.JPG
 ↑ 美しい雪山風景の中をこころおきなくブッ飛ばした。

IMG2073杉ノ原web.JPG
 ↑ 平均年齢は前週よりだいぶ若い。

IMG2010乾杯web.JPG
 ↑ 妙高といえ地ビール『妙高高原ビール』をセットにしないわけにはいかぬ。ビール工場レストランで飲み放題・食べ放題!

というわけでこの冬もスノースクートとモトクロスで足腰と心肺を鍛えている。
池の平〜杉ノ原の翌日がMCFAJ@MX408で、なかなかのハードスケジュールだったが「なんのそのまり」であった(笑)。


posted by Kamikaze130 at 15:25 | SCOOT